読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Color Tree

主に雑記、好き勝手、書きたいことを書いてみる

子供にも安心、簡単手作りそば(うどん)つゆレシピ

f:id:reishiro:20160226020820j:plain

子供が生まれると、いろいろなことに気を使うようになります。衛生面だったり、服肌触りだったり、おもちゃの質感であったり、食に関するものであったり。

特別な存在である我が子を守ってあげたい&悪いものを避けたい、そんな親の愛でしょうかね?特に食品に関しては、添加物にすごく気をつけるようになりました。(うちの奥様は結婚前から、裏面の材料表示をしっかり見て買い物する人でしたが)大きくなるにつれ、添加物の摂取は避けられなくなりますから、小さい頃はなるべく摂取をさせたくないという思いですね。

さて、今回のタイトルにつながりますが、うちの子&妻は、うどんが大好きなんです。そのうどんに欠かせない「めんつゆ」ですが、市販で身体にいいものが、なかなかありません。

うちの妻がいろいろ模索した結果、我が家で日常的に使っている調味料に関しては、かなり原料などにこだわりを持ち集めているので、それ使って手作りしたほうが探すより早くないか?ってことになったようです。実際手作りしたほうが、市販の普通のやつよりも「めんつゆ」美味しかったです。

というわけで、今回は、妻がよく作る、我が家の「めんつゆ」のレシピを紹介します。

※元サイトのレシピをアレンジしたらしいのですが、元サイトを忘れたらしく。リンクを貼ることができないので、元ネタの方にはすみませんと謝っておきます。最近レシピの著作権が問題になっているようですから…とはいえ、この記事で一番伝えたいことは、身体にいいものなかなか売ってないから、作るという手がありますよ。ということです。

 

スポンサードリンク

 

材料

水 300ml

しょうゆ 50ml

みりん 30ml

砂糖(てんさい糖) 小さじ 山盛り4杯

顆粒だし 適量(目安 1/2 小パック)

きざみネギ 適量

 

上記が材料の割合です。身体に良いかどうかは、使用する調味量によりますので、ご注意を。

この分量で、温ぶっかけ風な使い方をすると、大人2人、子供1人は余裕ですね。

ひとつ注意点としては、この砂糖は「てんさい糖」という砂糖のことです。

普通の砂糖より甘味が少ないので、白砂糖であれば、分量は少なめが良いかもです。

 

あと、よく分量で適量の表示見かけますが、実際よくわかりませんよね。

うちでは、無添加の顆粒だしを使っています。その小さいパックの半分ぐらいです。

f:id:reishiro:20160226021421j:plain

 

作り方

鍋に水を300mlと、材料を鍋に入れ沸かします。

f:id:reishiro:20160226022930j:plain

 

沸騰したら、きざみネギをお好きな量入れます。

 

f:id:reishiro:20160226023241j:plain

 

完成です。実に簡単。

あとは、うどんを茹でたらOKです。同時進行が時間短縮で良いですね。

うどんは、乾麺ではなく、冷凍うどんの方が圧倒的に美味しいです。写真は3玉分。

 

f:id:reishiro:20160226023632j:plain

 

お好みで食しましょう。我が家は温ぶっかけ風でいただきます。

 

f:id:reishiro:20160226023859j:plain

 

 

▼こちらもどうぞ