読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Color Tree

主に雑記、好き勝手、書きたいことを書いてみる

缶コーヒーを止めて、水筒コーヒー生活にしたら、月々◯万円も節約になった

f:id:reishiro:20160213014409j:plain

缶コーヒーを毎日飲む人って多いですよね。私もかなりコーヒーが好きで、以前は毎日缶コーヒー漬けで、仕事中も家でも缶コーヒーばかり飲んでいました。

でも、これって実は、結構な出費になってるんですよね。

そこで、今回は缶コーヒーを止めて、家ではもちろんのこと、水筒にもインスタントコーヒーを入れて、仕事に持っていくようにすると、こんなに節約になるという情報を紹介します。

一人暮らしの男性は、浮いた金額で結構なものを買えますし、旦那が毎日缶コーヒーばかりで、お金も健康も心配だって奥様にも、非常に耳寄りな情報になっています。

それでは、缶コーヒーを止めて、水筒にコーヒーを入れて生活していくと、月に一体どの程度の金額が節約になるのか?検証していきましょう。

 

スポンサードリンク 

 

コーヒーの前提条件

まず、コーヒーの前提条件について、決めておきましょう。この前提条件は、完全に私基準で決めています。

 

  • 水筒に入れるコーヒー&通常飲むコーヒーは「インスタントコーヒー」
  • 水筒は500mlのものを使う
  • 1ヶ月は30日間として計算する
  • コーヒーが好きすぎるので、1日に飲むコーヒーは水筒+マグカップ3杯
  • コーヒーは甘くてまろやかな方が好きなので、ブラックではない
  • 購入が必要なもの(インスタントコーヒー等)については、金額に差が出ないようにAmazonを参考価格にする

 

水筒に入れるコーヒー&通常飲むコーヒーは「インスタントコーヒー」

これは、手軽にコーヒーを作れて、缶コーヒーよりも断然お得な金額だからです。

このインスタントコーヒーは「ネスカフェ エクセラ」でいきます。 

ネスカフェ エクセラ 230g

ネスカフェ エクセラ 230g

 

量が多いし、全然飲める味なので。私はいつもこれでコーヒー飲んでいます。

 

水筒は500mlのものを使う

私がいつも持って行っている水筒が500mlの容量のものなのでこのサイズで検証します。仕事に持っていく水筒となると、このぐらいのサイズがオススメです。1日のコーヒーの量としても十分です。

ちなみに、水筒を持っていないという人はこの記事を読んで、好きな水筒を準備しましょう。

 

1ヶ月は30日として考える

まぁ、分かり易いし、計算しやすいので。キリよく30日にしています。

 

コーヒーが好きすぎるので、1日に飲むコーヒーは水筒+マグカップ3杯 

では、1日に飲むコーヒーの量は?まず、コーヒー1杯については、マグカップと考えています。そして、水筒はマグカップ2杯分のコーヒーの量と同じぐらいです。

私は1日ほぼコーヒーしか飲まないので、朝起きて1杯、仕事中は水筒コーヒーでOKなので、家に帰って、夜は2杯飲むとして、金額を検証します。

ということで、1日に飲むコーヒーは【マグカップ5杯】としています。

 

コーヒーは甘くてまろやかな方が好きなので、ブラックではない

そのままです。砂糖&ミルクを使うということです。

 

購入が必要なものについては、金額に差が出ないようにAmazonを参考価格にする

Amazonの価格を参考にしますので、価格は最安値ではないので、各々購入場所を考えて、特売などで購入することにより、検証の金額よりも大幅な節約になると思います。

 

 では、この前提条件を踏まえて、細かく検証していきましょう。

 

1ヶ月の金額を検証していく

缶コーヒーだと1ヶ月にかかる金額は?

先ほどの前提条件として、1日のコーヒーの量は、マグカップ5杯でした。

マグカップは1杯280mlと考えます。そうすると、

280nl × 5杯 = 1400ml 1400ml × 30日 = 42,000ml

缶コーヒーも同じ量を飲むとすると、1本190mlなので、

42,000ml ÷ 190ml = 221本

実際には割り切れないのですが、1ヶ月に約221本飲むとして、缶コーヒー130円で考えると…

130円[缶コーヒー1本] × 221本 =28,730円/月

となります。ドリンクだけで約3万円とは、チリも積もれば何とやら…恐ろしい金額となりました……

 

水筒コーヒーだと1ヶ月にかかる金額は?

では、水筒コーヒーだとどうなるのか?同じく1日のコーヒーの量は同じですが、インスタントコーヒーや、砂糖、ミルクなどの価格を、細かく計算しないといけないので、紐解いてきます。

インスタントコーヒー1杯の粉の量

日本インスタント協会によれば

公式ホームページはコチラ >>> 日本インスタントコーヒー協会

一般的な使用量として、コーヒーカップの場合は、ティースプーン1杯(約2g)にお湯(140ml)が適量です。

ただし、市販されているインスタントコーヒーでは、製品の特性によって推奨されている使用量が異なる場合がありますので、ラベル表記を読んで使用される事をお勧めします。

ということです。今回はマグカップで考えますので、おおよそ280mlで、マグカップ1杯につき、インスタントコーヒーの粉を「4g」なんですが、実際はティースプーン山盛り1杯で十分な量なので、「3g」で検証していきます。

今回検証で使うインスタントコーヒーは「ネスカフェ エクセラ 230g」

ちなみにこの量だと、マグカップで瓶1本につき約76杯もコーヒーが飲めます。

 

ネスカフェ エクセラ 230g

ネスカフェ エクセラ 230g

 

Amazonでの価格は、1,023円(送料無料)なので、この価格で検証していきます。

※実際は近くのスーパーの特売で買ったりすれば600円ぐらいで買えたりしますのでもっとお得

 

というわけで、1,023円で76杯作れるわけですから、1杯あたりは

1,023円 ÷ 76杯 = 13,5円

割り切れませんが、1杯が約13.5円となりました。1日5杯で30日だと…

13.5円 × 5杯/日 × 30日 = 2,025円/月(インスタントコーヒー)

ここで、1ヶ月に必要なインスタントコーヒーの金額が出たので、ブラックでコーヒーを飲む人の節約金額が確定しました。

28,730円/月[缶コーヒー] -  2,025円/月[インスタントコーヒー] = 26,805円

ものスゴイ金額です。

 

コーヒー1杯の砂糖&ミルクの量

ここでいう『砂糖』とは、「てんさい糖」という砂糖として、検証します。

缶コーヒーを止めるに当たって、妻に「缶コーヒーにどんだけ砂糖入ってるか知ってるの、砂糖取りすぎっ!」缶コーヒーを止めたとしても、自分の身体のことを考えて、せめて砂糖は変えなさい、というのが「てんさい糖」になった経緯です。

「てんさい糖」は良く見かけるいわゆる「白砂糖」よりも金額は高いのですが、甘さも上品で、なにより、体を温める効果があり、オリゴ糖ビフィズス菌を増やしてくれ、血糖値の上下が緩慢で、ゆっくりとした糖分の吸収をしてくれるので、体に非常に良い砂糖。私はもうずっと「てんさい糖」しか使ってません。

 

てんさい糖に関しては下記リンクで、どんなものか見て下さいね。

Q & Aてんさい糖って?|てんさい糖|ホクレン

Amazonでの価格は、この商品が、650gで798円なので、普通の砂糖と比べると、倍以上の値段で、ちょっと高価な商品です。

※スーパーだと、高くても400円代なので、かなりお得。スーパーによっては置いていないこともあるので、一度確認してみるといいですよ。

 

1gあたりを計算すると

798円 ÷ 650g = 1.2276...円/g

割り切れませんが、約1.2円/gです。

私は、コーヒー1杯につき、「てんさい糖」をティースプーン1杯入れているので、1日に5杯使う計算になります。

ティースプーン1杯が、約2gで、1日5杯ですね。ということは、1ヶ月で

2g × 5杯 × 30日 = 300g/月

ということになり、300g使う事になります。そして1ヶ月の金額では

1.2円/g × 300g = 360円/月(砂糖)

1ヶ月に必要な砂糖の金額は、360円となりました。

 

そして、ミルクは「牛乳」です。 

明治乳業 おいしい牛乳 1000ml

明治乳業 おいしい牛乳 1000ml

 

 Amazonでの価格は、この商品が、1000mlで285円なので、やはり、少し高め。スーパーで買うと、およそ200円前半の価格です。まぁ、Amazonで牛乳1本買うってことはないでしょうね……

 

私は牛乳もカフェオレぐらいな感覚で入れたいですが、それだと『コーヒー5 :牛乳5』になり、ちょっと牛乳が多くてコーヒーな感じが、薄い気がするので、『コーヒー7:牛乳3』ぐらいで飲んでいます。

ということは、マグカップ1杯が280mlでしたから、コーヒー1杯につき、84mlが牛乳の量となります。

牛乳1mlあたりは

285円 ÷ 1,000ml = 0.285円/ml

となります。1ヶ月で計算すると、コーヒー1杯が84mlで、1日5杯、1ヶ月にすると

84ml × 5杯 × 30日 = 12,600ml/月

ということになり、12,600mlです。

0.285円/ml × 12,600ml/月 = 3,591円/月(牛乳)

1ヶ月に必要な牛乳の金額は、3,591円となりました。

 

金額を合算すると

1ヶ月に必要なすべての金額が出ましたので、合算します。

2,025 円(インスタントコーヒー) × 360円(砂糖) × 3,591円(牛乳) = 5,946円/月

ついに、水筒コーヒー生活1ヶ月に必要な金額がわかりました。前述の缶コーヒーの1ヶ月の金額から引くと

28,730円/月(缶コーヒー) - 5,946円/月(インスタントコーヒー) = 22,784円

なんと、22,784円もお得ということが判明しました。

 

2万円といえば、かなりの金額です。この金額が毎月自由に使えるようになると考えると、すぐに始めたくなりますよね。ちょっと妄想を膨らませましょう。

 

2万円あったら買えるものを、私が欲しい基準で、勝手にチョイスしました
Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

 

 19,980円でKindleの良いやつが買えます。次の月から漫画を買いまくりで、読みまくり生活したら最高だろうなぁ。

 

ワコム Bamboo Spark with tablet sleeve CDS600PG

ワコム Bamboo Spark with tablet sleeve CDS600PG

 

これ欲しいんですよね。ペンを合わせて買っても2万円ちょっと。

 凄くないですか?

www.youtube.com

 

A5のお肉。桐箱に入ったお肉など、見たこともありませぬ。13,000円也。

 

自転車通勤したら、さらに健康的。18,800円

 

まとめ

缶コーヒーを止めて水筒コーヒー生活にしたら、月々2万円以上も節約することができました。

  • ブラックでOKな違いがわかる人は、月に26,805円も節約できました。
  • ミルクも砂糖もシルブプレな人は、月に22,784円も節約できました。

水筒を持っていなくても、初期投資で3,000円も出して、良い水筒をゲットすれば、2万円近くの節約になります。

 

思ったよりも大きな金額に驚きました。こんなに節約できるのなら、水筒デビューを考えてはいかがでしょう。非常にお得ですよ。

 

関連記事

 

▼こちらもいかがです?